FC2ブログ

底辺ブログライターのブログ

底辺ブロガーが更新する日常とかのブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

サービス残業とパパ 

 サービス残業とは、残業代が出ない時間外労働の俗称で、賃金不払い残業とも言う。雇用主が己の立場を用いて被用者に強制を強いる場合が現代日本では一般化してしまっている。
 具体的にサービス残業とはどういうものかを調べてみた。
 一つ、外資系企業より日本企業の方がサービス残業を強いる傾向が強いという事がわかっている。
 サービス残業の実態は、まず、労働者に残業申請を行わせない事に始まる。次に職場外(自宅など)での仕事の強制を行い、裁量労働制を正規の手続きなしに導入したとして運用する違法な例もある。
 プログラマーやシステムエンジニアといった個人の能力が大きく関係する職業では、通称「デスマーチ」といって定時にタイムカードを切った後、会社に泊まり込むか、一切寝ずに仕事を続けた状態で翌日朝のタイムカードを切るという異常な状況が平然と行われている。その為、サービス残業が原因で鬱病や自殺に追い込まれるケースも少なくはない。
 或いは管理職に昇進させる事で労働時間の規定を受けられない状況に追い込まれたりするパターンもあるようだ。
 サービス残業は、はっきり云って、違法である。
 しかし労働者は文句を言えば報復人事に遭うおそれがある為、どうする事もできないのである。
 労働基準監督署による立ち入りによって摘発されたものもあるが、殆どが大手企業だった為、数多ある中小企業などは手つかずのままだ。
 この問題は、日本人特有の歴史的な年功序列や、黙る美学といった独特の民族性も絡んでいる為に根本的な解決は非常に難しい。
 現在では、最初からサービス残業はつきものだと思って仕事に取込み、自分は会社に貢献しているのだという合理化で自身を納得させるくらいしか方法はないようだが、あまりにもサービス残業が苦痛で身体を壊してしまいそうなくらい追い込まれている人は、一刻も早く長期休暇や転職などで身体を大切にして欲しいと思う。
 サービス残業では働く側に何一つメリットが無い。
 故に「サービス」という奉仕の単語が皮肉を込めてつけられたのだろう。
 サービス残業についての生々しい実態については「パパスイッチ」で取り上げられている。
 パパと子供が楽しく過ごす時間が、サービス残業によって奪われてしまうとしたらそれはとても悲しい事だ。
 小さな頃こそ、男の子も女の子も性を意識せずにパパとママと触れ合う事が出来るのだから。
 サービス残業が与える悪影響は、決して小さなものではないのである。



ぽちっと☆ランキング
人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking0574 だらだら日記0574 社会人0574 メモ0574 エッセイ0574 コラム


にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へにほんブログ村 その他趣味ブログへ
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

( 2011/12/14 21:54 ) Category 社会・ビジネス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

内海小波

Author:内海小波




こんにちわ。内海小波です。


相互リンク募集中☆詳細こちら

当サイトは、みんなでつなごう相互リンクの輪に参加しています!


ぽちっと☆ランキング

人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking
0574 だらだら日記
0574 社会人
0574 メモ
0574 エッセイ
0574 コラム
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村 小遣いブログ 女性のお小遣い稼ぎへ

ランダムサイト
メールフォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。